• あまの皮ふ科 予約制
  • 診療時間
    9:00~12:30/14:30~17:30
    休診日
    日祝 (水曜・土曜午後)
    ※土曜日は月2回の午前診療あり(詳しくはお問い合わせ下さい)
    TEL
    096-351-5090
    あまの皮ふ科 Web予約受付
    ご予約はこちら

医院概要Outline

50歳を過ぎたら【帯状疱疹】の予防接種ができます

日本人成人の90%以上は、「帯状疱疹」の原因となるウイルスが

体内に潜んでいて、80歳までに約3人に1人「帯状疱疹」になると言われています。

帯状疱疹は、過労やストレスなど免疫力が低下すると、子どものころにかかった水痘‐帯状疱疹ウイルスが

活性化して発症します。

帯状疱疹について | 神経系症状 | 尾道市の鍼灸ならたった1回で変化を実感できる渡部鍼灸治療院

 

発症すると、皮膚の症状だけでなく、神経にも炎症を起こし、痛みを生じます。

帯状疱疹を発症してつらいのは、「神経痛」です。

人によっては、眠れないほどの痛みが続くこともあります。通常は徐々に改善されていきますが

約2割は3ヶ月以上痛みが続く「帯状疱疹後神経痛(PHN)」 🙁 になると言われています。

ウイルスがにかからないために、日頃から体調管理に心がけ、免疫力が低下しないようにすることが

大切です。

原因もなく、急にからだの左右どちらかの痛み赤い斑点水疱がでてきたら、すぐに皮膚科を受診しましょう。

発症初期に治療開始するほど効果が期待できます。

 

 

● 帯状疱疹ワクチン(シングリックス)接種について

○50歳以上の成人に、1回0.5mLを2か月間隔で2回、筋肉内に接種します。

○2回目の接種は、1回目の接種から6ヵ月を過ぎると接種できません。

○ 新型コロナウイルスワクチンとの接種の間隔は2週間空けてください。

○インフルエンザ予防接種とは同日接種可能です。

○料金:1回 ¥22,000(税込み)ワクチンの予約時にお支払いいただきます。電話予約不可

○ワクチンを予約された後に発注となりますので、キャンセルはできません。

※帯状疱疹の予防接種は帯状疱疹を完全に防ぐものではありません。